神戸×女子のお気に入りを発信

学校法人 コンピュータ総合学園 神戸電子専門学校 TOP

専門職×女子~3DCG業界で働く先輩ガールズにインタビュー~

専門職×女子~3DCG業界で働く先輩ガールズにインタビュー~

24826144_1559750560769217_921042321_o1000

憧れの業界でデジタルスタッフとして働く先輩インタビュー。仕事の魅力や学生時代について聞いてみました

憧れの業界でデジタルスタッフとして働く先輩インタビュー。仕事の魅力や学生時代について聞いてみました

“3ds MAX”というソフトを使って、モデリングや簡単なアニメーション制作を担当している社会人1年目の友杉さん。

自分の作ったものがアニメで動き、それをたくさんの人に見てもらえるところにやりがいを感じるとのことで、初めてテレビに映った回はドキドキしたそうです。
24726250_1559748867436053_1798393834_os
担当した作品(左側)と一緒に ©T2A/S/TX/IPP ©T2A/S/API/T/KPH

1人暮らしと勉強を両立させた学生時代

岡山から進学した神戸の専門学校で3DCGの技術を学んだ彼女。学内で自分の作品を発表する機会が多い学校だったので、1人で作品を完成させ、また次の制作へとステップを繰り返すことで、どんどん技術が磨かれていったそう。

特に力を注いだのは進級・卒業制作で「賞も貰えて嬉しかった」と振り返ります。選抜者のみが出場できる年度末の成果発表では、1年、2年と連続で出場を果たすという快挙を成し遂げました。
17_210_096s
1年次の成果発表にて

160212_03_011s
2年次の成果発表にて

就職活動は「早く」「自ら」動くこと

学生時代は学校隣の直営寮で1人暮らしをしながら、常にトップクラスの成績を維持した頑張り屋さんの彼女。
就職活動で心がけたのは、早くポートフォリオ(※)を作り、見てもらえるようにデザインを工夫すること。沢山の会社に早く作品を見てもらうこと、そして、自分で動くこと。だそう。

※ポートフォリオとは

ここでは就職活動用の作品集のこと。主にデザイン系の業界で、自分の実力を示すために必要不可欠な材料。自分の制作物の集大成でもある。
160212_03_017s
在学中の友杉さん作品

後輩たちにも「早く動くことが大切」と言います。「そのためにも毎日学校に来て作品を作り、いろんな先生からアドバイスをもらうように。作品が出来ていれば就職活動に必要なポートフォリオも作ることができます」と、日々の積み重ねの大切さも教えてくれました。
161109_0648-kakos
在学中の友杉さんと作品

業界をめざす後輩へのメッセージ

学生のうちにたくさんの映画やアニメ、ゲームに触れておくことをお薦めします。創りたいものを作って、とにかくたくさん遊んでください!!
24726232_1559749680769305_159384895_os

プロフィール
氏名:友杉真理子
学科:3DCGアニメーション
卒業年:2017年3月
出身校名:岡山県 岡山南高等学校

勤務先紹介
株式会社 タツノコプロ
当社は1962年10月19日に国分寺の地にて創立以来、創業者の吉田竜夫の言葉である「世界のこどもたちに夢を」を胸に、「マッハGoGoGo」「科学忍者隊ガッチャマン」「タイムボカンシリ-ズ」・・・と、世界中で愛されるたくさんのアニメーション作品を制作してきました。
2013年に本社を三鷹に移転、2014年には日本テレビグループの一員となりました。そして2017年に創立55周年を迎えたタツノコプロは、これからもこの言葉を大切にし、世界中に作品を届けていきます。

パネル_1_fix_2s
©タツノコプロ