神戸×女子のお気に入りを発信

学校法人 コンピュータ総合学園 神戸電子専門学校 TOP

新たなアニメやデザインを生みだす「ラボ」の実態を解明!

新たなアニメやデザインを生みだす「ラボ」の実態を解明!

学校前2

クリエイティブ女子が出入りする
「ラボ」ってなぁに?

クリエイティブ女子が出入りする
「ラボ」ってなぁに?

3DCGアニメやデザインを学ぶクリエイティブ女子たちが集うスポット「ラボ」をご紹介!

「ラボ」とはラボラトリーの略で「研究所」という意味。新たなデザイン、アイデア、モノが生みだされる場所です。

神戸電子にはたくさんの「ラボ」があるのですが、中でも学内一オシャレなラボと噂なのが西館にある「インダストリアルデザインラボ」。
座る、灯す、乗る、使うなど、さまざまなプロダクトの企画からデザイン、設計が行われています。
GN22P3インダストリアルデザインラボの写真

西館には「グラフィックスラボ」もあり、Webサイトやポスター、パンフレット、雑誌などのデザインを学ぶ女の子が技術とアイデアを磨いています。
GN22P3グラフィックスラボの写真2

東館には、世界の一流映像制作プロダクションと同じ3次元映像専用ソフトを駆使する「3DCGラボⅠ」が。
キャラクターやアニメーションの制作は、もうひとつのラボ「3DCGラボⅡ」で作られています。
GN22P4の3DCGラボの写真2
キャラを自由自在に動かせた時、思い描いた映像が完成した時、毎日、学生の喜びの表情があちらこちらで見られます。

北館には、モノを生みだす基礎となる鉛筆デッサンを鍛える「デッサンルーム」、電子回路製作の理論を自分の手と目で確かめる「ハードラボ」が。
GN22P4デッサンしている女子の写真

その他にも神戸電子のキャンパスには「ゲームプログラミングラボ」「デジタルサウンドラボ」「CADラボ」「デジタルアニメーションラボ」など高度な専門技術を身につけるスポットがいっぱい。

知識だけじゃなく、自分で考え、新たなモノやアイデアを生みだす力を鍛えるラボは、業界の即戦力となるクリエイティブ女子の聖地です☆