神戸×女子のお気に入りを発信

学校法人 コンピュータ総合学園 神戸電子専門学校 TOP

専門学校の先生ってどんな人? 〜情報ビジネス学科編〜

専門学校の先生ってどんな人? 〜情報ビジネス学科編〜

元けいおん部で元メガネ屋さん
異色の経歴を持つパソコン活用の先生にインタビュー!

元けいおん部で元メガネ屋さん
異色の経歴を持つパソコン活用の先生にインタビュー!

IT、ゲーム、音楽、アニメ、デザインなど18もの学科から
興味のある分野を選んで学べる神戸電子専門学校

ここには学科の数を超える、多彩な先生たちがいます。
憧れの現場で活躍してきた「先輩」でもある先生たちの
歩んできた道や人生哲学などを深掘りインタビューしてきました!

今回お話を聞かせていただいたのは
情報ビジネス学科の西川直輝先生です!

Q:神戸電子の先生になった“きっかけ”は?
新たなキャリアに挑戦してみたいと思っていた時に、神戸電子のスタッフの方から声をかけてもらいました。自分の経験と神戸電子での指導内容を照らし合わせて、「私にできることがあるかも」と決断しました。

Q:先生になるまでの経歴を教えてください。
実は私、元・神戸電子の学生なんです。笑 パソコンやITツールの活用スキルを学んでいました。卒業後はメガネ屋さんに就職。私自身、メガネは身体の一部で欠かせない存在なので、同じような人の力になれたらと思い就職しました。

Q:ご担当されている授業について教えてください。
Officeソフトの基本操作を教えています。学生自身が考え実践する授業が多いので、基本的な操作を教えた後は、学生たちの作業をサポートしている感じです。

Q:パソコンのスキル上達のコツは?
自分が「わからない部分を明確にすること」。あやふやにせず、わからない部分を絞り込み、しっかりと向き合うことが大切です。そして、繰り返し挑戦すること。これを経験するかどうかで、上達率が大きく変わります。

Q:先生が大切にしていることは?
個人が好きなこと、個人が大切にしていることを尊重することです。

Q:先生が好きなことは?
音楽を聴くこと。小学生の頃にBUMP OF CHICKENに出会い、それ以降常にハマっています。学生時代は軽音部でギターヴォーカルをしていました。軽音部での思い出は今でも鮮明に覚えていますね。音楽のサブスクをしない派で、今でもCDを購入しているので部屋中CDだらけです。笑

Q:先生の黒歴史は?
声変わり中の歌のテスト。歌のテストなのに声が一切出なくて、恥ずかしかったです。

Q:神戸電子への入学を考えている高校生にメッセージを。
専門学校を選択すると、大学を選んだ人よりも、ひと足早く社会に出ることができます。どこにも負けない充実した2年間を共に過ごしましょう!

▼オープンキャンパスで先生の体験授業を受けてみよう!▼
https://www.kobedenshi.ac.jp/taiken/

▼情報ビジネス学科の詳細はこちら
https://www.kobedenshi.ac.jp/course/business/